ケトコナゾールはイミダゾール系の表在性抗真菌薬です。

真菌とはカビの一種で、そのうち皮膚の表面に寄生し水虫と言われる皮膚疾患を引き起こす物を白癬菌と言います。
他にもカンジダ菌なども皮膚疾患を起こす真菌の一種です。
ケトコナゾールはこういった真菌に対して高い抗真菌活性を持ち、皮膚表面の角質に親和性が高く皮膚貯留率が高いのが特徴です。
また脂漏性皮膚炎にも効果があります。

真菌はエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜を持っており、ここが人の細胞との違いです。
ケトコナゾールはエルゴステロールの合成を阻害して真菌の細胞膜合成を抑え、発育を抑制して抗真菌作用をあらわします。
刺激痛などの副作用が比較的少なく、現在でもっとも多く使われている薬のひとつです。
適応症としては白癬(足白癬、体部白癬、股部白癬)皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎があります。
ごくまれに皮膚炎・発赤・刺激感などがありますので、異常を感じたら使用をやめて医師・薬剤師に相談する必要があります。

使用方法は通常1日1回患部に塗布します。
脂漏性皮膚炎の場合は1日2回の使用になります。
クリーム剤、ローション剤があり、症状や部位、使用方法などを考慮して使い分けます。
皮膚にはクリーム剤が処方されることが多いですが、頭皮などクリーム剤が適さない部位にはローション剤が選ばれます。
ただしローション剤はクリーム剤に比べて刺激が強いので注意が必要です。
使用方法のポイントとして、お風呂上がりなど皮膚角質層が柔らかくなっている時に使用すると浸透性が高くなります。
また患部に広めに塗ることもポイントのひとつです。
症状がある部位の周りにも白癬菌が存在している可能性が高いため、しっかりと白癬菌を退治するために重要となります。
皮膚の角質化した部分にも効果をあらわしますので、しっかりと擦り込んで浸透させる方が効果的です。

症状が治まったといって使用をやめてしまう人が多く、そうすると皮膚角質層に残っていた白癬菌が再び増殖し症状が出てきます。
水虫が完治しにくく繰り返しやすいという話をよく聞きますが、こういった治療途中でやめてしまう事が原因になっていることがほとんどです。
症状が治まったからといって使用をやめてはいけません。
最低でも1か月、おおよそ2~3ヶ月は使用を続け皮膚にわずかに残っていると思われる白癬菌をしっかりと抑えてしまわなければいけません。

白癬菌の治療には根気が必要ですが、しっかりとケトコナゾール薬を使う事で白癬菌を倒すことは可能なのです。

↓抗真菌作用のある薬はこちらから購入できます
ケトコナゾールで誰にも知られず水虫を治しちゃおう
↓しつこい水虫にはこちら
ニゾラールクリーム